俳句とバロック真珠を愛する

俳句とバロック真珠を愛する

愛媛県には、伊予と温泉の2つの群に分かれています。その伊予という名前は、湧水の「いゆ」という名前が変わって呼ばれるようになったと言います。

 

松山市では、昔から今も俳句が盛んです。俳句を読む人が多く、俳句ポストもあるほどです。
そこに自分で作った俳句を入れると、俳句甲子園で読まれたり、選ばれたりします。毎年夏の8月に行われます。

 

地下水が湧き出る場所も幾つもあって、その場所を「うちぬき」と言っています。

 

愛媛県にはその昔、桑村群という場所がありました。
明治30年に、周敷群と合併して消滅しました。現在では、西条市と呼ばれています。
もう1つ、宇摩郡という群がありました。四国中央市となって無くなりました。
他にも数多くの村がありましたが、みな合併をしてその名前も無くなりました。

 

バロック真珠もあります。白い色に少し深みのある色の真珠です。シンプルで、ネックレスやイヤリングに一粒付いているタイプの物が多いです。
カシミアのセーターなどに合う、素敵なネックレスです。パールフェスティバルも開催されていて、安くパールのアクセサリーが買えて人気です。

 

じゃこ天も有名で、油揚げの様な長細い形をしています。
草履にも似ていて愛嬌があります。魚の甘みがある、美味しいじゃこ天です。

 

俳句とバロック真珠を愛する愛媛県民と素敵な出会いを楽しんでみてはいかがでしょうか。

ランキング画像