伊予弁と麦味噌が有名

伊予弁と麦味噌が有名

気候が二種類あるのが愛媛県です。海側の方の瀬戸内海の土地では、温暖で水が乾きやすいです。でも、内陸部の方が気温が低い傾向にあります。
高原野菜を多く栽培しています。

 

内陸部では、冬は寒くなる傾向にあるので、雪が降る事も多いです。
その為に、スキー場があったりして滑れます。冬から春にかけては、晴れる時が少ない傾向にあります。

 

春には、中国からの黄砂が大量に吹いてくる事があります。夏には、35度以上になる事もあって、熱帯夜になる事も多くあります。

 

製紙会社が有名で、日本の製紙シェアの上位にあります。タオルを製造していて、キメの細かな丈夫なタオルとして有名です。

 

愛媛県には、伊予弁という独特な言葉があります。
愛媛県の女性と出会う男性は、伊予弁の魅力に魅了される人が結構いたりします。

 

食には、麦味噌が有名です。麦味噌の工場が30箇所もあって、多くの工場で作られています。
味に甘みがあって、麦の独特な風味を感じられる味噌です。味噌を使った料理も多く、伊予さつまという有名な料理があります。

 

造船業に力を入れていて、多くの船を造っては出荷しています。キメの細かな作りと安全性があり、かなり信頼感のある会社が多くあります。

 

愛媛県には、2万2000年前から人が住んでいました。
遺跡も多く発見されていて、石器も出土しています。

ランキング画像