天赦園

天赦園

「天赦園(てんしゃえん)」は、愛媛県の宇和島市にあるとても有名な観光名所です。

 

藤や竹が多く植えられており、見渡す限り和のテイストに満ちた魅力的な日本庭園です。

 

「独眼竜」と呼ばれた戦国武将・伊達政宗が詩の中で「天の赦す限りこの地で余生を過ごしたい」と詠んだことにちなんで、「天赦園」という名前がつけられました。

 

天赦園は海を埋め立てて作られた庭園であり、総面積1240平方メートルの約3分の1を池で占められています。
海から上げられた石の中には動物の形を模した珍しいものもあり、天赦園の見所の一つとなっています。

 

海が近くて風が心地よく、一日中居ても飽きることがありません。
また、初夏に咲き誇る満開の花菖蒲は絶品の眺めであり、海外からの観光旅行者も多いことで知られています。

 

天赦園は交通アクセスに便利な場所にあり、どなたでも気軽に見学することが可能です。JR宇和島駅から徒歩でも30分とかかりませんし、天赦園前で下車できる直通のバスも出ています。

 

入場料金は、小学生が50円、中学生が100円、大人でも300円と、観光名所の中でも比較的良心的な価格設定になっています。

 

愛媛県民と出会う機会のある人は絶対に一度は行くべきお勧めの観光スポットと言えるでしょう。

ランキング画像