愛媛県の郷土料理―松山すし―

愛媛県の郷土料理―松山すし―

松山には地元で水揚げされた魚を使った美味しいおすし「松山鮓(まつやますし)」があります。

 

地元では「もぶりすし」と呼ばれていますが、「もぶる」とはこの地方の方言で、「まぜる」という意味です。

 

松山鮓の特徴は、まずその見た目の美しさです。この地方では来客時に、ちらし寿司を振る舞う習わしがある通り、抜群の華やかさがあります。

 

酢飯の上に一面に敷き詰められた錦糸卵、その上に海老やタコ、しめ鯖などの季節の魚介類が飾られています。

 

この見た目と共に「松山鮓」を特徴づけるのが、その味わいです。
飾られた下の酢飯に、実に手の込んだ仕事がなされているのです。穴子や人参などを混ぜ込んでありますが、味を決める「酢」が他のちらし寿しとは異なるのです。

 

エソやハゼといった小魚を焼いてほぐしたものを、酢と合わせたものを酢飯に使っているのです。
この合わせ酢によって、味に深みが出て、魚介美味しい瀬戸内の味わいとなるのです。

 

「松山鮓」は、料理店や家庭によって、また季節によって、具も味もバリエーションは豊かです。
豪華なものは、車海老などが飾られますが、家庭や食堂では、じゃこ天なども使われています。

 

「松山鮓」は飲食店のみならず、市内のスーパーなどの弁当などとしても販売されています。
松山を訪れて、さまざまな「松山鮓」をどうぞお試しあれ。

ランキング画像