今治の「せんざんき」

今治の「せんざんき」

タオルや造船で知られる今治市は、B級グルメの宝庫でもあります。

 

「せんざんき」もその一つです。愛媛県の今治市から新居浜市にかけての地域で食される御当地グルメです。
「せんざんき」は、鶏の色んな部位を使って作られる鶏の唐揚げです。骨付きなのが最大の特徴です。

 

「せんざんき」の名の由来は諸説ありますが、定まっていません。
丸ごとの鶏を千に切って小さくするために「千斬切(せんざんき)」と呼ぶという説や、中国の発音が訛ったという説などがあるようです。

 

この「せんざんき」の美味しさは、骨付きにあります。ラーメンのスープに鶏ガラが使われているように、油で揚げる調理の間に、骨から旨味が出て肉に浸透していくからです。
同時に、あらかじめ漬けたおいた下味も肉に染みます。

 

カリッとした揚げたての「せんざんき」を口にすると、中からジューシーな鶏の旨味が口いっぱい広がって、もう得も言われぬ美味しさです。

 

このカリカリとした食感は、揚げる直前につけ汁にいれた片栗粉から生まれています。そして、二度揚げします。

 

この製法が、外がカリっとして、中がジューシーな「せんざんき」を生み出すのです。
一つ食べると、二つ、三つと思わず手を伸ばしてしまいます。
愛媛にいらして、どうそお試しあれ。

ランキング画像