郷土料理―二つの「鯛めし」

郷土料理―二つの「鯛めし」

愛媛県の美味しい郷土料理に「鯛めし」があります。九州でも鯛めしは食されていますが、ここ愛媛県には、なんと「宇和島風」と「今治風」の二種の鯛めしがあるのです。

 

愛媛県は、東予地方、中予地方、南予地方に分けられますが、東予と中予の地域では、「今治風」の鯛めしが食卓に上ります。

 

焼いた尾頭付きの鯛を、洗ったお米の上にのせて土鍋で炊きあげたものです。炊き上がったら、土鍋から鯛をいったん取り出して、鯛の身をほぐして、ご飯に混ぜ込んで頂きます。
シンプルな料理ですが、それだからこそ鯛の旨味がよく伝わります。素朴ですが、実に贅沢な味わいです。

 

そして、南予地方で食べられるのが「宇和島風」鯛めしです。

 

「宇和島風」は、薄くそぎ切りにされた鯛のお刺身を、鯛めし用の醤油ベースのタレと生卵、薬味をあわせたものにつけてなじませ、炊きたてのご飯にのせて食べます。
時として、タレの中にとろろを入れることもあります。

 

この「宇和島風鯛めし」は、「宇和島じゃこ天」とともに農林水産省の「農山漁村の郷土料理百選」にも選ばれた御当地の人気料理です。

 

鯛さえあれば、ご家庭でもどちらの「鯛めし」も作ることができますが、愛媛県で水揚げされる鯛は、味が格別違います。
愛媛県で素敵な出会いがあったならば、是非食べ比べてみて下さい。

ランキング画像