愛媛県松山の「タルト」

愛媛県松山の「タルト」

一般的に「タルト」と言えば、焼いた薄い生地果物やクリームなどを盛り込んだものを指しますが、愛媛県では、「タルト」と言えば、見た目も味も全く異なる郷土菓子のことを言います。

 

愛媛県松山市の「タルト」とは、薄いカステラ生地で餡を巻いて作られたロールケーキのようなお菓子です。
見た目は、餡がのの字を描いたロールケーキといってもいいでしょう。

 

松山の「たると」は、松山藩主の松平定行によって、長崎経由で松山にもたらされました。
長崎の探題職についていた定行が、海上警備の際にポルトガル船で振舞われた南蛮菓子に感動したことがきっかけです。
その菓子はジャム入りでしたが、餡入りは定行の独自の考案でしたが、明治以降にその製法が松山の菓子司に伝えられて、愛媛県の郷土菓子として定着しました。

 

愛媛県で有名なのが「一六タルト」です。この「一六タルト」は、柔らかくて肌理の細かい生地に、ふんわりと柚子の香りが漂う餡が巻かれています。
「一六タルト」の最大の特徴は、この四国産の柚子の香りで、しっとりとした生地とこの柚香の餡が口の中で渾然一体となって柔らかく溶けるのです。

 

「一六タルト」は、愛媛県内に数店舗ある他に香川県にもあります。全国の百貨店でも取り扱われています。
愛媛県の郷土のお菓子「タルト」を見かけたら是非味わってみて下さい。

ランキング画像